車の下取り

車の買取の場合と、下取りの場合とで金額差があることが多いですが、その差は何で生まれるのでしょうか。

なぜ車の下取りの方が安くなってしまうの?

同じような車なのに車の買い取りでは80万円の査定額がついたのに、車の下取りをしてみたら50万円程度にしかならず買取と大きな差が出てしまうことって実際にはかなり多くあることです。
下取りでは、買い取った車を現金にするため、業者オークションで売却します。オークションで売れそうな価格をあらかじめ設定して、そこから経費や利益を引いた額を買い取り金額として提示するわけです。
ただ、オークションで売れないケースも想定しなければなりません。
落札は出品回数 2.6回に対して1回の割合なので、売れないケースのほうが実際多いのです。
そのため、売れずに再出品する場合のリスクも考慮して下取りをしないと、赤字になってしまうことになります。そうしたことから、下取りで買い取る価格をオークション落札予想価格より25万円程度低くしているのです。
下取りでは、さらに余裕を見て価格設定を講じる場合が多いので、実際のように期待通りにはいかないのです。
落札された車は、落札金額プラス落札手数料、陸送費用を支払い、利益を載せて販売するので、中古車販売店の店頭では、落札金額より30万円から50万円も高い価格で販売されているのです。