故障車・壊れた車(事故車)の定義

  故障車・壊れた車(事故車)の定義

故障車(事故車)とは

故障車は、一般的に色々な言い方をします。私たちは、故障車、壊れた車、廃車と表現するのが一般的ではないでしょうか。

ですが、中古買取業界では、このような故障車、壊れた車、廃車と呼ばれる車のことを、事故車と呼ぶことがあります。そしてこの事故車は、必ずしも事故を起こした車とは限らないのです。

壊れた車は、その原因より以下の3つに分けられます。

  • 事故歴・・・事故・災害などに遭った経歴
  • 修復歴・・・骨格部が損傷して、修正や交換をした経歴
  • 修理歴・・・修理した経歴

この中でも事故車は、修復歴のある車のことを指します。知らなければ、事故車は事故歴のある車と思われますが、そうではありません。

修復歴車について

修復歴車の定義は、日本自動車査定協会が定めています。修復歴車は、車の骨格部位を交換したり、修復したりしたものが修復歴車となります。

中古車の買取り査定では、この修復歴車かどうかがポイントとなります。やはり車の骨格部分に損傷があったり、修復歴があるものは査定の大きな要因です。買取業車によっては、買取ってくれない場合があります。

結局故障車はどうしたらいいの?

故障車買取業車はこの修復歴のある車のみ買取るわけではありません。修復歴車であるかどうかは車の査定に関わりますが、故障してしまった車、動かなくなってしまった不動車は、全て故障車買取業車で買取ってくれます

故障してしまうと、素人ではどこに原因があるかわかりません。まだ使用するのであれば修理に出す必要がありますが、不要になってしまったのであれば、故障車専門の買取業車に査定してもらいましょう。

おすすめ!故障車でも一括査定してくれる「カーセンサー」

1円でも高く買い取ってもらいましょう!