ぶつけて事故にあった車も売れるのか?

故障車といってもその被害はピンからキリまであります。

たとえば、電柱にバンパーをヒットさせたり、内輪差を見誤ってドアパネルに大きなへこみをつけてしまった自損事故や後ろから突っ込まれたおかま事故、死傷者が出るほどの激しい正面衝突事故までいろいろあります。

この中で、いわゆる中古車買取店で買ってくれるものというのはへこみやキズが付いた程度のものまでで、それ以上のたとえば、ラジエーターが破損して冷却水がダダ漏れになっている、エンジンオイルが漏れている、フレームが曲がってしまっているといった損傷状態が激しいものはまず買ってくれないでしょう。

それもそのはず、こういった業者は買取った車にほとんど手を加えない形で転売することで利益を得ているところですので、修理などお金や手間がかかることをしなければ、中古車という商品にならないような廃車同然の車は不要なわけです。

では、激しい損傷を負った車は永久登録抹消をするしか手段はないのか?ということになりますがそういった車でも買い取ってくれるところがあるのです。それが事故車買取店です

損傷によって売る場所を選ぶ

中古車買取店で売るのか、事故車買取店で売るのかを決めるのはその状態で中古車となりうるかどうかです。バンパーに大きなへこみがあってもそれ以外の部分は全く持って正常、これならきっと中古車としてなりうるでしょう。

しかし、エンジンは動かず、フレームも曲がっているような車、たぶんこんな車が中古車販売店に並んでいたとしてもあなたは絶対に買いませんよね?そういうことです。故障車だからといって必ずしも廃車ではなく、状態によって売る店舗を選べば売ることができるということです。