廃車手続き(普通・軽・大型)

廃車」というのは俗称であって、正式には「抹消登録」と呼ばれます。抹消登録には、その内容によって2つあり、永久抹消登録と一時抹消登録があります。

廃車の種類

永久抹消登録は、名義も車体もこの世から抹消することで、事故を起こしてペッチャンコになってしまった場合や誰も乗り手がいないような車を廃棄するときに使う方法です。ですので、今後二度とその車を運転することはできなくなります。派手な事故を起こした故障車ではたぶんこちらになりますし、事故車買取店で扱っているのもこちらだけだと思います。

一方、一時抹消登録は、廃車というより一時的に公道での使用をとめる手続きで、名義も活きており車体もそのままで、ただ公道を走りませんよ・・・といった形をとるものです。長期にわたって車に乗ることがない場合や自動車をコレクションとして持ち、時々乗るかもしれないといった時、それからモータースポーツ用の車としてクローズドサーキットなどで使うといった時などに使われ、買取店などでも一時この手続きを踏むことがあります。故障車の場合、この手段をとることはないでしょう。

一時抹消登録は、あくまでも一時的に公道を走る権利が無くなるだけですので、所定の手続き「中古車新規登録」というものを行い、車検を受け、税金の納税や自賠責保険料の支払いを行えば、一時登録抹消をする前と同じように堂々と公道を走ることができるようになります。

これらの手続きは軽自動車であろうと、登録車であろうと、大型トラックであろうと基本的にはやることは同じで、一部で手続き先が違うといったことがあるだけです。

永久抹消登録での廃車手続き

永久抹消登録は車体もつぶさなければなりませんので、書類手続きの前にまずは車体を解体、要するに鉄くずにするという段取りを踏みます。解体は国が認めた解体屋さんで行うことになり、そこで自動車から鉄くずやリサイクル資材に変身させるわけです。そして解体したことを証明できる番号をもらって、ナンバープレートなどをもって、運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会事務所)で書類手続きを行い、そこで名義登録をも抹消する形を取ります。

要するに永久登録抹消では、故障車の解体、書類手続きの2段階を踏むということになりますね。

一時抹消登録での廃車手続き

一時抹消登録は、車体はそのままで、公道を走るための権利を放棄するだけのものですから、永久抹消登録のように車体をどうにかするということは一切行いません。するとしても強いていえば、ナンバープレートを取り外すだけのことです。基本はすべて書類上の手続きだけで、大型車を含めた登録車は運輸支局で、軽自動車は軽自動車検査協会事務所で所定の書類を提出して手続きを行います。