廃車手続に必要な書類

永久抹消登録や一時抹消登録という廃車は法的な手続きであるため、いろいろな書類が必要となります。故障車の廃車方法、永久抹消登録と一時抹消登録で若干違いはありますが、基本は全く同じです。それから登録車と軽自動車でも登録先、登録内容に違いがありますので、それに伴った違いもわずかにあります。

基本となる書類

廃車方法、故障車の状態問わず、基本となる書類は、自動車検査証いわゆる車検証、自賠責保険証書、リサイクル券、免許証などの身分証明書が必要になります。さらに登録車では手続きを実印で行うことになるため、その実印の証明となる印鑑登録証明書が必要になります。軽自動車は認印での手続きとなりますので印鑑登録証明書はいりませんが、その代わりといっては何ですが住民票が必要となります。

永久抹消登録だけに必要なもの

一時抹消登録の場合はこれだけの書類があれば手続きを行うことができますが、永久抹消登録の場合は書類という形ではありませんが、車体を解体した時に解体業者から知らされる「解体に係る移動報告番号」というものと「解体報告記録日」が手続きで必要となりますので、それを覚えておくためにメモ書きなどが必要となるでしょう。

これらのことは買取店や事故車買取店で売却する時には考えなくてもよいでしょう。当サイトで紹介しているカーネクストさんも、廃車手続きはやってくれるので故障車を売る時は全て任せてしまいましょう。