廃車買取と廃車手続きはどっちが良いか?

永久登録抹消での故障車の廃車は簡単に言えば、その車をゴミにして捨てることです。家庭用のごみと同じように捨てることによって対価を得ることはなく、むしろ解体などに多少の費用が掛かることになりますのでマイナスとなります。

まあ、ごみを捨てるだけですからそういったことを求める方もいないかと思いますが、ただその故障車の状態如何では多少なりともお金が入ってくるとしたらどうでしょうか。

どんな車でも買取る業者がある

廃車にするほどポンコツ状態になった事故車でも喜んで買い取ってくれる業者があります。買い取ってくれるわけですからそれに対する対価があるわけで、それによってわずかですが現金を手にすることができます

いわゆる事故車買取店などいった業者のことで、バックに解体業者があることが多くなっています。ここではたとえ買取店で価値が付くような車であっても原形がわからないほどぐちゃぐちゃになった事故車でも何でも買取ってくれます。買い取った車を分解し、金属や樹脂などは廃材業者に転売して利益を得て、取り外してまだ使えるような部品は中古部品として販売したり、リビルトパーツ業者に転売して利益を得ています。要するに事故車でもお金になる部分があるということです。
そのためにどんな車でも買取るのです。ただし、車として買い取るのではなく、不用品として買い取りますので、自動車の価値観とは大きくかけ離れた売却金額となります。

廃車をすればマイナス、買い取ってもらったらプラスになります。それであれば、故障車専用の買取業者に買い取ってもらう方が良いですよね。もちろん、1円の価値もない場合はありますが、カーネクストさんでは最低0円なので、お金がかかってしまう心配はありません。